技術でつなぐ想いと想い

シェアウェア – PictClipFWC

PictClip

PictClipFWCは、ひとつの画像から複数のエリアを一度に切り出すためのツールです。

最近のスキャナーには複数の対象物をならべてスキャンし、それぞれ個別のデータとして取り込む機能がつくようになりました。しかし、1枚の画像から複数のエリアを一度に切り出すことは、業務用のソフトでなければサポートしていません。

PictClipFWCは簡単な操作で複数エリアの切り出しをするだけでなく、出力画像のサイズ、データフォーマットの指定や回転、出力ファイル名の自動発生などができます。元の画像から1枚ずつ切り出していた今までの作業に比べ大幅に作業時間を短縮できるツールです。

PictClipFWCの機能

PictClipFWCには次のような機能があります。

① 入力として扱える画像は、BMP, JPG, TIF, GIF, PNG, PSDフォーマットです。αチャネル付きのPNGも処理できます。
② 一度に100個まで切り出し枠を作成できます。各枠のプロパティは個別に設定することができ、これらを一括切り出しします。
③ 出力データタイプは、JPG, BMP, TIF, GIF, PNG をサポート。
④ 倍率(%)指定とピクセル数指定で切り出し画像のサイズを規定できます。
⑤ ピクセル数指定の場合は指定色の背景矩形を付けることができます。
⑥ 切り出し時にシャープネスをかけることができます。
⑦ 切り出し時に画像を回転して出力することができます。
⑧ 出力ファイル名は指定した規則で自動生成、または任意設定できます。
⑨ 枠情報をファイルに記録し再利用することで異なる元画像から同一位置を切り出すことができます。
⑩ 記憶した枠情報を使い、複数の画像からデータを切出すバッチ処理が可能です。
⑪ 切り取り枠はレイアウトツールにより短時間で整列・配置することができます。
⑫ 画像変換ツールを使えば、大量の画像データをサイズやデータタイプなどを指定し、まとめて処理することができます。
⑬ 切り出しや画像変換の結果をアブスト表示からプリント出力できます。

対応OS

PictClipFWC はWindowsXP, Windows7, Windows8.1, Windows10 に対応します。
アプリ自体は32ビットですが、OSは32ビットでも64ビットでも動作します。

是非PictClipFWCをお試しください。

カレンダー

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

CPCカタログ

ComicPdfConverter

PAGETOP
Copyright © デジタル・シナプス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.